FC2ブログ

寄せられた情報

メールで寄せられた情報を転載します。
私たち、葬儀場建設を反対する住民は長い間、サン・ライフの湘南大磯ホールを葬儀場では無い事業に転換して欲しいと伝えてきています。大磯で愛される企業として事業をしていただく事を、これからも強く望みます。

寄せられた情報
現在、葬儀業界を牽引しているのは恐らくティアではないかと思います。
ティアは業界の平均価格より3割安い価格を提案して積極出店等で拡大している結果、業界全体の価格が低下傾向になっているのだと思います。
サン・ライフはティアにより業界の平均価格が低下傾向になり単価が下げ止まらない結果、新規出店で取り扱い件数は増加するも単価が下がった結果、業績見通しを達成出来ず減益になる。というのをここ数年繰り返している気がします。
ティアは更に低価格の提案を増やす(単価は下がっても利益は変わらない。との事)ので業界の平均価格は更に下がるのではないでしょうか。ティアラの単価減が止まらないとサンライフは厳しいのではと思います。普通に考えたら毎年、新規出店をしてるのに利益が減っていく状態は厳しさを表してると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ティアは確かに業界トップなのでしょう。現在は神奈川県には進出していませんが、今後は展開されるのでしょうか。
3割も安くて利益が出ているとはどういう意味なのか考えてしまいます。
サン・ライフさんには、ティアに学ぶ所があるのではないでしょうか。勿論、安ければ良しとはしないですが、同じ内容であればと不思議です。
使いづらい場所ですから、アンテナショップに変更してイメージアップを図られる事を切に願います。葬儀場に反対されている住民の皆様を応援しています。

No title

「現在、葬儀業界を牽引しているのは恐らくティアではないかと思います。」⇒これはないですね。まして湘南エリアの市場には与える影響はほぼ皆無です。単価下落の流れは、もう20年近く前から始まっています。少子高齢化、核家族化、死生観の変化、宗教感の変化、寺院との関係の変化、近隣との付き合い方の変化などの影響が主要因です。これに加わりインターネットで情報があふれるようになり、葬儀業者間での価格競争が厳しくなったことも要因です。単価下落はどうしようもないから、あとは件数で稼ぐしかない。低コストのホールをあちこちに展開するのも、その対応策のひとつです。

サン・ライフのエリアにおいて、ティアの影響はそんなに大きくないと思います。
他のエリアでの話でしょう。
また価格でいえば、葬儀社が表に出している価格よりネットの紹介サービスの方が安い傾向があります。

湘南エリアでは平安レイ辺りがサン・ライフの競合でしょう。
おそらくネットで見られる安い価格と張り合えるプランを隠し持ちつつ、顧客の要望に合わせてそこそこの価格を表に出し、事前相談や会員割引で囲い込みに努めているのが現状かと。

ただ単価の下がり具合は異常で、どこの葬儀社も件数は増加しながらも減収傾向だと思います。

だからこそ、とにかく件数を稼げるよう、コンビニのようにホールを増やして受注件数を確保する体制を作っているんだと思います。

それを鑑みると、大磯ホールで葬儀を行わなくなる事は考えづらいと思います。

No title

上記、元業界人様のコメントがまさに的確だと思います。
よくお解りいただいていると思います。

大磯ホールで葬儀を行わなくなるように持っていくには、町民全体で大磯ホールを使用しないことで一致団結し赤字状態にするか、もしくは反対派の方々で現在地以上の旨味がある代替地を用意するか、政治家の力を借りるか・・・しかないような気がします。

ご覧いただきありがとうございます。

何より、業務妨害罪に触れる事にならないよう慎重になさっていただきたいと思います。

サン・ライフが住民の方々の要望を汲み取っているのは、
・どちらも法を犯していない
・地域の住民は納得していない
・サン・ライフはこれから先の為に大磯で運営を続けていきたい
という今の状況だからこそ、サン・ライフ側の譲歩を引き出す形で成り立っている関係です。
住民が犯罪行為をしていて、サン・ライフは迷惑をかけられた被害者である、という立ち位置を裁判で確立してしまえば、今とは大きく変わると思います。

法を犯していないから今日まで運営できているわけですが、それに対して
・ホール使用者に見えるようなのぼりを立てる
・顧客になりうる方を含めた不特定多数にこちらのブログを公開する
・見守りと称して葬儀を監視し、またその葬儀監視の存在をこちらのブログで公表する(葬儀を監視されたい人はいない)
など、現時点でだいぶグレーゾーンを攻めていると思います。

食べログの口コミから訴訟案件に発展する時代ですし、慎重になさっているとは思いますが。

住民の方々が対応を求めているのはあくまでもモラルの範疇の事で、法的なものではありません。(間違っていたら申し訳ありません)

だとするとかなり乱暴な形にはなりますが、歩み寄らず運営をしていく、という事もできなくはないわけです。
ですが可能な限りサン・ライフ側は住民側に合わせています。

住民の方はあくまでも要望として会社側に伝え、明確に経済活動の自由を妨害する行為を避ける。サン・ライフは大磯町でやっていく為にそれに応える。

つまり現状が、双方でできる最大限の譲歩の落とし所ではないかと思います。
プロフィール

葬儀場建設に反対する住民の会

Author:葬儀場建設に反対する住民の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR