FC2ブログ

壁は、どこのもの。



地震で壁の倒壊が発生しました。痛ましい事故でした。
湘南大磯ホールと隣家の間のブロック塀はどこのものですかと聞かれます。
まさに、ちかづかいないほうがよい壁です。
葬儀場建設に反対する住民の会では、葬儀場が建設される時、された後に、塀の事を提言していました。
ブロックは古く、ヒビが入り塀の下は、穴があいてしまっていました。
穴は、建設工事を担当された会社で土を入れましたが、再発防止になっているのか。ヒビはそのままです。
この古い塀を残したまま施設は建設されました。
隣家との幅は、再三申し上げているとおり45センチもありません。最初から塀を頑丈なものにしなかったのは、サン・ライフ㈱です。
私達は、倒壊の恐れがないのか心配していました。
今となっては、建て直し、補強は大変な事です。なぜ、最初に工事をされなかったのでしょう。
ブロックの上を金属で止めるという仕様で終わらせています。
隣家の駐車場は契約車が7~8台、それこそ、ぎりぎりに停めています。
このブログの場で忠告をさせていただきます。
町で耐震調査をされていると思いますので、町の動きも気になる所です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログを読ませていただきました。
大阪の地震をきっかけに、大磯町では、公的施設のブロック塀緊急点検をしているはずです。
民有地のブロック塀についても早急に点検をするべきです。
国交省の示す点検ポイントを参考にして葬儀場さんも安全点検をするべきだと思います。
一度、町の窓口で確認をしてくださる事を、お勧めします。
点検結果を町に報告されていると思います。
プロフィール

葬儀場建設に反対する住民の会

Author:葬儀場建設に反対する住民の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR