FC2ブログ

葬儀の度に繰り返される事

昨日4/25は、お通夜が営まれていました。
住民の会では、ご遺族にはご負担がかからないようにと、当日の行動は控えております。
サン・ライフ(株)では、住民側の要望に答えるという形で、車の誘導員を支配人の兼務武に変えて2名体制にしていただきました。
お線香の臭いも一時は微香に変えていただきました。

昨日、斎場にいらしたご住職は、こともあろうに隣家の契約型駐車場に車を入れられました。
なぜ、そのような事が、誘導員がついていながら、堂々とされるのでしょうか。不思議でなりません。

お線香の臭いも、元にもどってしまいました。

出棺の様子が、目の前の店舗からは、すべてみえてしまいます。
店舗ではシャッターを降ろして、店じまいをするなどの対応をしています。
せめて、ご出棺の時には、前方に、つい立てか屏風のようなものを立てて、故人、ご遺族が通行人、信号待ちの人、店舗の人の目ににさらされないように、ご配慮いただけないものでしょうか。

一度、ご担当者が、ご自分の目で確かめられる事をおすすめします。

追伸
まちづくり条例で定められている、緑化対策では、条例にそって入口に大木を植えると言われましたが、すでに植えられた樹は、枯れて何日も、そのまま放置されています。
水をやらなければ枯れます。枯れた木は元には戻りません。

再三申し上げていますが、言われる前に、指摘される前に、約束をされた事は、守ってください。



スポンサーサイト



プロフィール

葬儀場建設に反対する住民の会

Author:葬儀場建設に反対する住民の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR