FC2ブログ

大磯町議会12月定例会の一般質問と等紅ついて-速報

12月7日、8日の二日間にわたり、定例会の一般質問がされました。
葬儀場建設に関わる内容を、まとめて、速報として、お知らせします。
この内容は、葬儀場建設に反対する住民の会が、ケーブルテレビで放映された、大磯町議会中継から、書き留めたものです。正式には追って、議会だより、ホームページに掲載をされる予定ですので、確認をしてください。

一般質問と答弁、葬祭場建設に関する事項のみ抜粋

質問-関 威國議員 (以下関議員) 12/7 11:10~11:30
町長に質問させていただく。パワーポイントを作っていただきありがとうございます。
どういう位置にあるか、役場と鴫立庵の所と非常に重要な所にあるよと理解出来る地図を作っていただきありがとうございます。
まず、一つ目の質問ですが、(株)サン・ライフ会長とトップ会談の内容、経過について、9月の一般質問で町長は葬儀場が出来ることは困る。他の用途への転用か土地の譲り受けを保障しますと回答をいただきました。
9月の一般質問の前、8月13日に建設予定地の近隣住民、約20人と(株)サン・ライフ会長との会談が(株)サン・ライフ本社で行われました。
これは、(株)サン・ライフが土地を購入するにあたってですね、町に買わないかと問いかけがありました。これは、前回、鈴木理事の方で、話があったと言う事は回答をしております。
町に譲ってくれるように、会長と、話をしたのですがね、なかなか、そういう状況ではありませんでした。
解決するには、やはり、トップ会談をするのが一番いいのではないかと、その時になりました。
その後、8月24日、中町長と(株)サン・ライフ会長とのトップ会談が行われました。
報告出来る範囲で結構です。トップ会談の内容とその時に、どのように交渉をしてきたのか、お聞かせください。
二つ目は、9月の一般質問で、町長、葬儀場が出来るのは困ると言われました。町への悪影響を聞きます。
3つ目は問題の解決には土地の譲り受けを受けるのが最善の策だと私は思っています。他の方法があるならお聞きしたい。
葬儀場建設のですね、問題解決はですね、まず土地を譲り受ける事によって大磯の美しい景観を保ち、大磯ブランドのイメージを維持出来ます。
購入した土地はですね、観光立町、将来、新庁舎の建設に有効に活用する事が大事だと思います。
その為には、土地の譲り受けをするのが一番、いい方法だと思います。
その他にね、譲り受けをしなくてもいいという他の理由があるのなら、教えてください。
あと、4つ目として、役場敷地の整備拡張、あの地図で見て頂いても、ほとんど役場の前に葬儀場を建設すると
なる。前に民家があります。その方も、将来は役場に譲ってもいいという事を、お聞きしています。
そうすれば、あそこ、全部を町に譲って広くなって、非常に活用設計に当たっても色々、有効活用が出来る。
そういう将来ビジョンをどう、お考えなのか。以上、葬儀場問題について質問をします。

答弁-中町長
エ―今、関議員の質問に、お答えします。
パワーポイントを開けておいてください。
今、皆さんは大磯役場の鴫立庵そして、民家の方が一軒ございまして、赤で囲っている所が大磯ホール(仮称)
となっている所であります。皆さん、良くご覧になっていただきたいと思います。黄色い信号がございます。そして二宮の方から平塚に向かいます所が、少し坂道になっています。そして、もし、ここに大磯ホールが出来ますと後ほど申し上げますが、登りの場合は右折してホールに入っていかねばなりません。左折、下りの平塚から二宮に行く場合は左折して入ります。それから駅方面から来る場合にはクラック非常に交通量が多い所でありまして、なおかつ、大磯警察によりますと、事故が軽微でありましても、多い。接触事故、横断歩道がありますが、ひとつ皆さんの方から言われております。
こういう立地条件の中で、トップ会談の譲り受け継続交渉の中で、今、関議員の方から、土地の買取り、これはひとつ、確かに私達も考えておりますし、これまでも、そういう経過があったかと聞いております。
私の前の町制の事であります。
二点目、転用、今はここで斎場と言いますから、皆さんが悪影響と言われます、私は、困った。私は皆さんの話し合いの中で、斎場であることが困るということであるならば、他の事業としての、転換、転用、そういうものはないでしょうか。それから、この場所以外で、斎場を、おやりになっていただくような事は、お考えいただけますかその3点について、お話を申し上げました。
お考えになっている事業所の方の方としては真摯に、お考えいただいて、確かに株式会社であります。株主、株主総会、そういう、長い時間がかかっておりますし、事業主の方々も、それなりに、色んな、お考えを株主総会で、お話をしているという、お話も伺っております。
これは、交渉でありまして、事業者の方の内容に触れますから、それ以上踏み込んだ事は、申し上げられない点もあります。
ご了承いただきたい。ただし、今後も町といたしまして、粘り強く、話し合いを続けていきたい。
事業者の方も非常によく、わかっていらっしゃる、一生懸命、お考えになっていらっしゃいます。
2点目、町への悪影響をどのように考えているかと私は非常に皆さんの意見の中で事業というものに、町がどうこうと申し上げられません。ただし、皆さんが色んな所で、何回も町の事を話していらっしゃる、その思いは、わかりますし、困ったことであると私も考えております。
皆さんが、その事をどういう風に理解され、思い反対をされているのか、悪いということばは使いたくない
当然、それは、事業者の方も、おわかりになっていらっしゃいます。ただしこの土地が駅から近い、そして人生において自分たちがいずれ通るんだから、影響のないものを作っていくよと話はされていると思います。そういうことも、私達の話し合いの中で出ました。今さら、申す事ではありません。
トップ会談と、いま関議員が、おっしゃいました。これは、首席理事も理事も、私達も時間を違え、それぞれの段階で話し合いを続けております。
最終的には8月24日お話をしました。それから、その後、議会が始まりました。年度内に、もう一度話し合いをしたいと、そういう予定になっております。
話は戻りますが、困った点、この地図、パワーポイントを見て、確かに、ご指摘のごとく、町の土地、施設そういうものに含まれた中に今、事業者の方の、計画がありまして、皆さんがどういうふうに考えられるか。
将来的に、庁舎の事をどのように考えられているか。私はこの、事業の有る無しにかかわらず、いま庁舎が建っている位置、この場所でありますが、3.11以後、皆さんが、これで、大丈夫かと不安を強く持たれております。
私も、町に入りまして冒頭に思っております。はたして、この場所でいいのか、地震に対する補強工事はされていますが、なんせ、海岸に近すぎます。そういう事も含めて、これからは、町の方、議会の方にも庁舎の移転、このままやっていくか、考えて行かねばならぬ。そういう風に思っています。今の時点で、今、私が、こういう方向性というには、まだ、議論が、至っておりませんし、そういう事は当然含んで考えてはおります。
以上3点お答えします、足りなければまた、ご質問ください。


質問-関議員
それでは、再質問します。
葬儀場問題はですね、私が議員になる前、平成19年6月の議会で葬儀場建設の白紙撤回を求めることが、議決されました。
それから、四年以上経過しているんですよね。前町長はですね、前の町長は解決しようとしなかったのですか。葬儀場問題をね。だから、四年以上も経ってしまった。
昨年の町長選で、町民はですね、中町長に期待して、選びました。前町長とですね同じような事をしているんだったら選ばれた意味が無いと、是非、町民の期待に応えてね、粘り強く、交渉しているという話をいただきまして、一生懸命、やっていただけるんだなと思っています。是非そういう事で、取り組んでいただきたいと、もっと積極的に、取り組んで頂きたいと思います。
そうしないと町が欲しいということを働きかけないと、町が欲しいという意思が相手の方に伝わらないのではと私も8月のトップ会談が、だって12月になっています。
その中で交渉を進めていられるのかと思っていますが、もっと積極的に、前回もいいました、町の必要性、本当に必要性を言わないと、相手に伝わりません。私もですね、役場に来る度に、駐車場の奥に停めて場所を見てね、役場の敷地になったら、有効活用が出来る、観光バスの駐車場になるし、観光客のトイレを作ると、そういうことで、いつも、思うのですが、町長は、公用車で来て、公用車では、あまりそういう所に・・・・やっぱり思われているでしょ町長だってこの場所がね、見る度に、町で欲しいなと、そうすれば、有効的に使えるではないか、私も来る度に、きょうも一番奥に停めてね来る度に覗いてそういう思いがありますので、是非、そういう事で、粘り強く、進めて、やっていただきたいと思います。

答弁-中町長
今、粘り強くと、何を8月24日から12月までやったかと、申せない事もありまして、申せないと言うことは、何も隠しているわけではなく、結果的には、そうですが、事業主さんの計画もあり、それは言えない、いい人間関係を持ちまして、話をしていかねばならぬご理解をいただきたいと、それから、私がどう思うか、私も、あったらいいなと思います。以上です。

質問-関議員
私は大磯町というブランドを守ってもらいたいのです。
先日ですね。東海大学の、大磯病院の吉井病院長の講演を聴く機会がありました。テーマはですね、時間が勝負脳梗塞と、いう話で、大磯に当てはまる所もあるかなと、時間が勝負行財改革とかね。それは、別の話としまして、吉井病院長は、この四月にね、伊勢原から、大磯病院に来られたんですね。そして、全国各地、学会とか、色々な会議に出ていますとですね、大磯という名前は、全国どこへ行っても知れ渡っているということで、感激していました。前の伊勢原市はね、神奈川県の中では、知っているが、外へ行くとね、伊勢原市なんて、誰もしらないと、いうことでね、大磯町のようするに名前が、ブランドが築かれたという事は、長年にわたって多くの人々が、努力と歴史によってね、築き上げられたもの、ローマは一日にしてならずと言われるように、歴史があって出来たものです。歴史を振り返ってみますと、時間がなくなってしまいますが古くは、万葉集で、白砂西湘の湘南発祥の地、鴫立澤は・・・・松本順先生が、初めて、日本で海水浴を開いた、それから政界財界、文化人、有名人の多く住まわれてね、大磯は、一番の避暑地になったのです。
初代の伊藤博文公から、吉田さんまで、八人の総理大臣が住んだ町、昭和に入ってからは、大磯、ロングビーチがレジャープールの先がけとして全国で、テレビコマーシャルが流していただいて、それで、有名になったそういう経過でね、なって来たのですから、是非、そういうブランドを汚さないように、大磯の町のシンボルであります、役場の前とか鴫立庵の横にそういうような建物を立てることは、相応しくない。ブランドを守るということで、町長は、初代の中川町長、明治22年になられて脈々と町長が引き継がれてきて122年になる、町長はバトンを持っているんですよ。その大磯というブランドをどう守っていくか、守っていくというか、どう発展させるかまた、衰退させるというのも町長の責任だと思います。ブランドについて、どう考えているか、最後にお聞きしたい。

答弁-中著町長
大磯という事は重く感じております。
今、吉井先生の、お話を出されました関東で、大磯町という名刺を出しますと、皆さん知っておられる。そのとおりでございます。その重みというのは、歴代の写真がある中で、私は、いつも、写真を眺めています。何代目になるか解りませんが、12代目ということは、新しくなってからは、解っております。そういう中で、122年の歴史と言うものを皆さんと共に守って、きちっと守っていかねばならない。しかしながら、だんだん歴史的意味とかが減っていく、そういう中で、やはり、この斎場のことだけではなくて、一般的な事を、先ほど関議員が、おっしゃった事を、それは、人と共に進んでいく、この町の、住みよい町であるが故に皆さんから、色んな、ご意見をいただいているという事重々感じております。
私が今、その任にあるわけで、その思いを背負って、やっていきたいと、そのように、思っております。

質問-関議員
それでは、最後に、お願いします。
葬儀場が出来たら大変なことになると思う私は。中町長は町民からなんと言われるか解りません。
あんまり、このようなことばは使いたくないのですがね、要するに、順天堂の松本順先生は、非常に努力された、かたや、東海大学の病院長中先生ということで是非、松本順先生に負けないように、大磯観光発展の為に、お願いしたいと思います。
最後に、やっぱり、粘り強くですね、交渉を続けて、大磯町の思いを相手に知ってもらうと、そういう思いがつながれば、あーそれは、お譲りしようと、そういう気持ちに傾かせるようにね、これから努力をお願いして、一番の質問は、終わります。


質問-清水弘子議員 (以下清水議員) 12/7 14:50~15:00
鴫立庵西側の葬儀場建設計画の白紙撤回を求める
9月議会一般質問での私の質問に対して町長の回答で、多くの町民が町長を頼もしく思われ、期待が高まっている。その後の交渉はどのように進んでいるか。お伺いします。関議員と二重になると思いますが、ご説明いただければありがたいと思います。

答弁-中町長
関議員にもお話しましたが、現在、理事、首席理事、町長町の首脳部が、一体となりまして、別々ですが、お話を申し上げています。先ほど申し上げたように、買い取り、他の転用は可能か。
本当に五回の話し合いの中で、皆さん方、地域の方も粘り強く、業者の方も、そのようにされています。
詩本を出しておられる方の長年のいらだちもありました。
本当に今、膝を突き合わせた形での話し合いを進めております。
これ以上、内容はどうかとちよっと・・・三つの点で、お話を申し上げております。
質問-清水議員
粘り強くやっていくという事で、本当に誠意を持って話し合いを持って、町長が言われましたように、交通量も多い、接触、巻き込みという事故も頻繁に起こってます。高齢化が進む、高齢社会ですね、買い取って色んな防災の為にも使っていただけるように私達も、町長のトップ会談を見守りながら、一生懸命で、後押しをしたいと思いますので、よろしく、お願いします。
以上
スポンサーサイト
プロフィール

葬儀場建設に反対する住民の会

Author:葬儀場建設に反対する住民の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR