FC2ブログ

葬儀場設置規制の法整備を強く望む

葬儀場は、都市計画上、本来ならば墓地等と同様の位置づけを与えるべきだと思います。
今は、葬儀場ビジネスのためにこれが怠られている結果、葬儀場施設が「集会所」の名目で容易に設置されてしまっているのです。
場所を選ぶこともなく金儲け一筋に乱立をはじめているという話が全国でも聞かれます。
場所を選ばない乱立の放置は,葬儀場施設のもつ文化的習俗的破壊力、施設攻撃性の恐喝的な悪用も行われるという深刻な事態を招いているのです。

京都市の事例では、五十年後百年後を見据えた京都創生を図るとしているが、いかなる都市景観も地域コミュニティの再生なしには維持創造は不可能なはずであり、葬儀場乱立は、崩壊しつつある地域コミュニティにとって回復困難な事態を招きかねないと声を大にしました。

自治体レベルでの規制権限の拡大を図るほか,現状でも条例等により地域の実情に応じた厳しい法的規制をかけることが緊急に必要だと考えます。

どうか、地域住民の人ひとりひとりが、他人ごととせずに、大磯の町全体にとって、今の建設予定地に葬儀場が建てられてしまっていいのか、考えてください。

行政側からは、今の所、町づくり条例に葬儀場関連を取り組む予定は無いと言われました。

近隣住民の少人数だけの運動では、先行きが見えません。

国が法律の見直しをする時期にきているとおもうのです。
スポンサーサイト
プロフィール

葬儀場建設に反対する住民の会

Author:葬儀場建設に反対する住民の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR